持ち手のようなもの。

鳥取市卯垣 O様邸

先日は屋根に瓦桟がついたところまででしたね。

きれいに瓦が並びました!

DSC_1660.jpg

瓦がずり落ちないよう瓦桟にひっかけ、瓦一枚一枚に釘を打って固定します。

釘を打つための穴が瓦には設けられていますが、

その穴には上の瓦が重なり、水が入らないようになっています。

そして瓦についている、何やら持ち手のようなもの。

真っ直ぐ平行に並んでいて、見ていて気持ちがいい!!

ですが、当然、持ち手でもなければ見て楽しむものではなく、

雪止めです

さらに落雪防止用の雪持ちネットも取り付けられます。

最近は昔に比べると積雪量が少なくなったとはいえ、

落雪により人や物に被害が及ぶ前に、対策をしておくことが必要ですね。

私が幼稚園児くらいのときでしょうか、庭で姉2人と雪遊びをしていて、
もう夕方だから家に入ろうと玄関に近づいたときのこと・・・。
そう、だいたい察しがおつきかと思いますが、屋根からの雪がザザザッて当たって泣いて
姉2人に助けられて「よしよし痛かったなぁ。家で おかあさんといっしょ 見よ」ってなぐさめられた事、忘れられません。

早めの対策が、必要ですね。

本日はO様邸、躯体検査が行われています。

その様子はまた後日♪

関連記事

最近の記事

  1. 2022.11.22

    祝☆上棟
  2. 2022.11.22

    間もなく完成

カテゴリー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP