問題なく終了しました♪

先日配筋工事を行いました鳥取市卯垣 O様邸。

DSC_1337.jpg

地面からの湿気を住宅に上げないよう防湿シートをし、まわりに捨てコンクリートを打ちます。

鉄筋や型枠の位置をとるときに、

このコンクリート上に線をひくのです。(墨だし)

捨てコンクリートをすることでその墨だしがしやすくなり、

配筋・型枠設置といった基礎の精度が上がるというわけです!

(だったら全然『捨ててない』じゃん、生きたコンクリートじゃんって私は思いましたけどね)

その後鉄筋を組み、本日は第三者検査機構による

配筋検査を受けました

DSC_1397.jpg

配筋図の通りに鉄筋の位置、ピッチが正しく配置されているか、鉄筋の直径は適切か、

などチェックを受けるのです。

この検査を受ける前に現場監督工務Nが事前にしっかり確認をします

もちろん、配筋検査、問題なく終了いたしました!

今後、型枠設置に入ります

関連記事

最近の記事

  1. 2022.09.15

    秋晴れの上棟

カテゴリー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP