エアコンスリーブ気密をとるために。

鳥取市浜坂 I様邸

こちらはエアコンスリーブが付いた写真です↓ ↓ ↓
IMG_0255.jpg
外壁が張られる前の段階で予めエアコンスリーブを設けておきます。

スリーブまわりにコーキングを施すのですが、外壁が張られてからでは
そのコーキング処理がしにくくなります。
だからその前にきっちりコーキングをして気密を高めるわけです。

そして外壁が張られた写真がこちら↓ ↓ ↓
IMG_0238.jpg

外壁が張られカバーがついたあとにもコーキング処理をします。

このコーキングとは、気密性や防水性のために目地材などで隙間を充填することです。

ベランダなどにも施されるもので、定期的なメンテナンスでコーキングしなおすことで
防水性・気密性が保たれます。

プラスホームではお引渡し後、定期点検にお伺いした際に確認し、
必要に応じてメンテナンスさせていただいたりもします

人も家も、メンテナンスって大事ですね
みなさま、ご自身のご家族のメンテナンスされていますか?私は子どもと自分のメンテナンスには余念がありませんが、旦那はちょっと雑かもしれませんね~。

I様邸、今後も工事進行いたします!

関連記事

最近の記事

  1. 2022.09.15

    秋晴れの上棟

カテゴリー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP