大事な通気層

木工事が進行しております鳥取市N様邸

断熱材の上に胴縁がついています。

IMG_0040.jpg

この上に外壁が張られるわけですが、この胴縁のおかげで

断熱材と外壁との間に空気の通り道、通気層ができます。

通気水きりから取り込まれた空気が外壁の通気層→屋根の通気層へと流れ

空気の動きが生まれます。

この空気の動きが実はとっても大事

空気が熱くなる夏場は下から上に空気が動く為、

熱い空気が溜まることなく家を涼しくしてくれます

空気の動きが少ない冬場は空気が保温層となり

暖かく保ってくれるというわけです

屋根面から躯体を丸ごと断熱材で守り、空気をの動きをつくる外断熱

エアコンのランニングコストを引下げてくれたり、

何より家で快適に過ごせるという喜び。

N様に心地よく過ごしていただけましたら、私どもも嬉しく思います

関連記事

最近の記事

  1. 2023.11.20

    リゾート気分

カテゴリー

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP