基礎工事の傍らで

鳥取市 K様邸

基礎工事が進んでおりますが、基礎工事中に現場に入るのは基礎屋さんだけではありません

水道屋さんも基礎工事のタイミングを合わせながら並行して配管を仕込みに入ります

トイレやキッチン・お風呂などすべての排水は、最終的に道路の下水管に放流されます。

当然建物の外周部にはそのための配管ルートが必要なわけですが、建物内部から外部へは配管が基礎コンクリートを貫通して出るような形になります

そのため、基礎配筋時に水道屋さんがスリーブを仕込み、その後ベースコンクリートが打たれるという流れになります。

コンクリートが打たれてから養生期間中に、再び水道屋さんが入り、建物外周部の配管を地中に施しております

sP5170048.jpg

外部配管のルートの要所要所には点検口が設けられています

今のうちに外部配管しておかないと、基礎が完成したら次は上物のための外部足場が組まれますもんね。

基礎工事の傍らで、実は水道屋さんも一生懸命なのです

関連記事

最近の記事

  1. 2022.09.15

    秋晴れの上棟

カテゴリー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP