基礎工事 地業

鳥取市 正蓮寺 I様邸

地盤改良工事に引き続いて基礎工事の様子

基礎工事の一番初めには、「丁張」がなされます。
「遣り方」とも呼びます。

丁張は建物外周に木杭などの設置するもので、そこに水糸を張ることで建物の基準のラインや高さを定めながら基礎工事を進めます

重機で↓のように地面を掘り均してゆきます。
sDSC_9929.jpg

丁張に張られた水糸で示された高さを基準に、地面をきっちり高さを揃えながら均します。
下のピンク色の細い糸が水糸です。
sDSC_9928.jpg

掘った地面の上には砕石を敷き均し、全体を転圧します。
sDSC_9935.jpg

転圧後も設計通りの高さであることをチェック
sDSC_9936.jpg

こうした一連の工事は「地業」と言い、基礎工事の下地づくりとなります

この後は防湿シートを全体に施し、鉄筋組みなどの工程に進みます

関連記事

最近の記事

  1. 2022.09.15

    秋晴れの上棟

カテゴリー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP