基礎工事完了☆

鳥取市国府町T様邸

基礎工事が終わりました。

むき出しだった鉄筋が

DSC_0983.jpg

御覧の通り

DSC_1119.jpg

すっかりコンクリートで覆われ、
予め刺しておいたアンカーボルトやホールダウンアンカーがガッチリ固定されました。

さて、何気なくコンクリートの中に埋め込まれて見えなくなった鉄筋ですが、
錆から鉄筋を守るために、鉄筋の外側からコンクリートの表面までの最短距離が決まっています。
これをかぶり厚さといいます。
このかぶり厚さは最低限が定められています
かぶり厚さが十分でないと鉄筋の錆びの進行を早めてしまい、ひび割れが加速するなどといった問題が出てきてしまうからです

つまりかぶり厚は耐久性に大きな影響があるのです。

土に接する部分のかぶり厚さは最低60mmと決まっていますが、しっかり60mmを確保するにはどうするのでしょうか

DSC_0966.jpg

写真に四角いブロックがありますね・・・。
これはスペーサーブロックと呼ばれるもので、このブロックの長辺が6cm確保されており、
この上に鉄筋を載せるようにして組むことでコンクリートのかぶり厚を確保しているのです。

安心して住めるお家をつくるため、日々細部にまでこだわって丁寧に工事を進めています。

来週いよいよ上棟です

関連記事

最近の記事

  1. 2024.05.24

    上棟その後

カテゴリー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP