立体的な最適生活動線の家

鳥取市Y様邸

お引渡しさせていただきました

各方面から光が入ってくるような窓の配置で、ムラなく全体的に明るいLDKです。

リビング・キッチン・ダイニングはL字型の配置で、階段は家の中心に位置しています。

そのため階段の周りを回遊できるような動線で各室が結ばれています。

たとえば

玄関ホールからリビングへ

玄関ホールから洗面室(手洗い)へ

LDK~洗面脱衣室(お風呂、洗面、洗濯)

LDK~和室(多目的用途)

玄関ホール~階段(2階へ)

階段あがってすぐベランダ(物干)

というように、あらゆる生活動線が最適になるよう考慮された間取りです。

ちなみにリビング天井は構造の梁を化粧梁として現すことによって、天井高を高くしながら陰影のついたLDKとなっています。

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

カテゴリー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP